ほっこり、冬を越そう。

はじめての方もリピーターの方も。越冬キャンペーンは1月31日まで。

詳細はこちら

そんな日のために

道に倒れ込み、アスファルトの上の灰色の死のにおいを舐め。
空を見つめると、龍が踊る。
雨がそんな空間を流し込み、日々は地球に還る。

 

黄金色の夕日に

何度絶望したことだろう。
何度肩を落としたことだろう。
何度死にたいと思っただろう。

そんな日もある。

 

空気を吐いたり吸ったりすることが目的なだけなのに
幾度となく、何度となく
転んで、傷ついて、闇に落ちて、非難され、嘲笑され、罵られ、
疲れ果てる。

そんな日もある。

 

幸せであろうとしていただけなのに
仕事を失って、金を失って、家族を失って、自分を失って、
全て失ったような気になって、疲れ果てる。

そんな日もある。

幾度となく、何度となく。

 

地球で暮らすことは疲れることが多い。
地球も、人間も。
そんな日のために、ぼくは居る。

 

そんな地球や人のためではなく、そんな日のために。
ここで、待ち続ける。
ぼくは待ち続ける。

 

ただそんな日があるだけさ。
まあ、そんな日もあるさ。
大変だったね。