笑わなくてはいけない

今テレビで笑ってはいけないを見て爆笑しているのですが。

 

なぜ年末年始にお笑い番組と歌番組が多いのか、と子供の頃から思ってましたね。

答えはスピリチュアルな理由でした。

笑いが、ヒトの聖なる部分を喚起させる、本質的な方法なんだからと思います。

 

笑いは、たましいの声です。笑っているとき、あなたの魂は歌っています。そうすることは、天とともにあることです。

神の心は、喜びに満ちた陽気な心です。笑いは、心と体の細胞に光をもたらし、それが癒やしとなります。

(ソニア・ショケット 自分を愛するたましいのレッスンより)

 

オーラが見える人に言わせると、ヒトが笑っているときにはオーラの中のどす黒い部分がまるで風船からガスが抜けるみたいにシューーーッ!と噴出してクリアーになってるんだって。

 

音楽だって、そもそもは神に捧げるためやご神託を引き出すために発展したカルチャーのようなもんだし。そう考えると紅白歌合戦なんていうのも、あれすげースピな番組ですよね。

 

年末年始はヒトのスピリチュアルに触れるエネルギーが大きくなる時期。

だからなおさら、お笑いとか音楽の番組が必要なんだと思います。

 

では、笑って歌って、良いお年を。

 

コメント