2019-01

Blog

2月のお知らせ

はやくも2月ですね。 この1ヶ月、どうだったでしょうか。 ぼく的に今月一番笑ったのは、居候先のご主人様のギャグです。 イタリアサッカーのセリエAと100円ショップのセリアをかけて、セリアA。 はい、伝わりませんね。面白さが。 でもその場に居る...
Blog

ムダやバカには神性が宿る

たまにペットや野良猫にあざ笑われてるような気がしませんか。 人間ってヘンだな−って思ってるんじゃないかと。 色んなものにかぶれたりするとことか。 そう、若い頃って、いろいろかぶれるもんです。 年取っていろいろかぶれると厨二病とか言われますが。 ぼ...
Blog

「愛の研究」を読む

(画像は久しぶりに浴びた鮮度のいい朝日) このあいだ神時間術について書いたんですが。 これは作家やライターや研究者やクリエーター向けにいい本だったです。 まだ読んでる途中なんですが。 なんでも"脳のゴールデンタイムは起床後2、3時間...
Blog

スピぜいたく日和

時間が足りねー(睡眠時間)、とか、時間が経つのが待ち遠しい(授業中)とかいう類の時間がからむ問題は、すごくスピなことだと思うんですよ。 簡単に言うと 1.我々は地球にやってきたスピリットである、っていう概念がある 2.地球に来た目的は、あっちの世界では得...
Blog

おかしいのではないか

そういや以前「牛丼屋効果」について考えたんですよ。 平日ランチタイムに新宿センタービルの吉野家行くと、オッサンばっかなんですよ。 壮大なオッサンの博覧会なんですよ。 店の中も牛丼の匂いとオッサンの人いきれが混じりあって、ムンムンしてるわけですよ。 ...
Blog

ずぼらに覚醒する

ずぼらっていいよね。 関連の本を集めたり、読んだり。 ずぼら関連の本を読むんだから、ずぼらに読むことが求められるわよね。 完璧主義もいいけれど、個人的にはそれじゃモノゴトが続かないんだよね。 ずぼらでもいい加減でも、やり続けることにしようと思って。...
Blog

上には上がある

東京から関西に引っ越したんですよ。友達の家に居候するために。 困ったのが、散髪屋。 吉祥寺の最高最善の散髪屋に、かれこれ5年くらい通ってたんですけれど。 理容師さんがひとりでやってて、もうプライベートサロンみたいで。 腕もよくって、気も合う...
Blog

何故ぼくらはクツシタを脱ぎっぱなしにするのか

ドラマ「カルテット」では、松たか子演じる夫に失踪された主婦が、夫が失踪する直前にリビングに脱ぎ捨てた靴下を、後生大事にとってある。 脱いだそのままで片付けずに置いてある。 あれって、いい目の付け所だと思うんですが。 女心と秋の空と言います...
Blog

過去の栄光ってやばいよね

占い依存症って「あれも正解じゃない、これも正解じゃない」と鑑定結果をより好みしてるうちに、動けんくなる。 そしてほんとは正解なんてないの本人知ってるのよ、薄々。 今の時代って、正解のない時代じゃん。 ぼくもそうだったけれど、テスト勉強できちゃった人ほど、...
Blog

人生は苦である・・・のか!?

たましいって、意外と、すっとんきょうなのだ、と思っています。 予想もつかないくらいに、いろーんなものを求めてて。 たとえば忌み嫌われているあれ。そう、苦しみってば。 たましいにとっては悪いだけのものじゃなくって。 それは、実のところたましいの好物の...